C言語入門

C言語の授業資料と覚え書きなど。

実力チェック問題 これができたら一人前?

  1. 問題1(printf、変数、文字変数、配列、文字配列、繰り返し文)
  2. 問題2(演算、if文、関数、標準ライブラリ関数)
  3. 問題3(if文、繰り返し文、関数)
  4. 問題4(配列、文字配列、標準ライブラリ関数)
  5. 問題5(複雑なプログラムの練習)

授業資料

序章 C言語を始める前に
1.プログラミング言語って何?
2.C言語って何?
3.もっとも簡単なプログラム
4.パソコンに実行させるには?
試してみよう
第1章 Cプログラミングの基礎
1.Cプログラムの基本形
2.書き方いろいろ
3.プログラムを構成する単語
4.プログラムの実行順序
試してみよう
第2章 変数を宣言する
1.データ型と変数の型宣言
2.変数に値を入れるには?
3.変数の初期化
4.算術演算子
5.便利な演算子
6.名前のつけ方
確認しよう
第3章 コンピュータとの対話
1.ディスプレイにデータを出力する
2.キーボードからデータを入力する
3.文字(アスキー)コードについて
確認しよう
第4章 制御構造・1
1.構造化プログラミング
2.条件判断(if else文)
3.ループ(while文、for文)
4.複雑な条件
5.データの終わりとEOF
確認しよう
1章〜4章理解度チェック問題
第5章 配列
1.整数配列
2.文字配列(文字列)
確認しよう
5章理解度チェック問題
第6章 関数・1
1.最も簡単な関数
2.引数を与えられる関数
3.値を返す関数
4.プロトタイプ宣言
6章理解度チェック問題
第7章 ポインタ
1.ポインタとは
2.ポインタと配列
3.ポインタと文字列
4.ポインタ配列
第8章 関数・2
1.ポインタと関数
2.配列と関数
3.再帰関数
第9章 標準ライブラリ関数
1.標準ライブラリ関数とは
2.算術関数
3.文字列処理関数
4.文字検査・変換マクロ
5.乱数
7章〜9章理解度チェック問題
第10章 構造体
1.構造体とは
2.一括代入
3.構造体のネスト
4.構造体配列
5.構造体へのポインタ
6.構造体変数を関数に渡す
7.構造体をデータ型のように扱う
第11章 変数の通用範囲
1.復習
2.一度宣言した変数の値を保持する(静的変数)
3.関数の外に変数を宣言する(グローバル変数)
4.複数のソースで共通に使える変数を宣言する(外部変数)
5.複数のソースを使う場合のテクニック・1
第12章 制御構造・2
1.do while文
2.switch case文
3.else if文
4.break文
5.continue文
6.return文
7.exit文
第13章 その他の演算子
1.ビット演算子
2.条件演算子
3.カンマ演算子
4.型変換とキャスト演算子
第14章 その他の技術・1
1.マクロ
2.前置演算と後置演算
3.enum型
4.共用体
第15章 ファイル操作
1.ファイル処理の概要
2.ファイル処理関数
3.1文字単位のファイル入出力
4.1行単位のファイル入出力
5.書式付きファイル入出力
6.アペンド・モードの使用例
第16章 その他の技術・2
1.リダイレクト
2.システムコマンドの作成とコマンドライン引数の取得

C言語小話(覚え書き)

  1. 条件文の真の使い方
  2. ヌルとは

[ HOME ]